みやもと子ども歯科は愛媛県松山市にある小児歯科です。

『歯の外傷』について

EPARK歯科
みやもと子ども歯科 Facebook Facebookボタン
 
 
HOME»  歯の外傷について

9~10ヵ月の赤ちゃんは、つかまり立ちやつたい歩きを始め、目が離せない時期です。この時期に、小児歯科医の立場から保護者の方に知っておいて頂きたい『歯の外傷』についてお話しします。

『歯の外傷』について

1歳にもなると1人歩きが始まり、周囲への好奇心が強くなるにつれ行動範囲が広がります。しかし運動機能は未熟で、どうしても転倒することが多く、時には歯をぶつけてしまうこともあります。1〜3歳は『歯の外傷』の好発年齢です。ケガをしないにこしたことはないのですが、歯をぶつけてしまった時の保護者の対応を中心にお話しします。

(1) 歯をケガするとどうなるの?

歯が抜けたり、折れてしまったりすることがあります。これは誰が見ても分かることです。

他にも歯の動揺(グラグラする)が大きくなっていたり、目に見えない亀裂が入る、または歯の位置が変わってしまうことがあります。これらは、レントゲンでしか分からないこと、専門家にしか分からないことです。

そして外傷の多くの場合、何らかの処置が必要になります。

(2) 外傷を起こした場合どうしたらよい?

ぶつけたところを確認しましょう。

何かおかしいと感じたらすぐに歯科医院を受診しましょう。

万が一、歯が抜けたり折れた場合には、『抜けた歯、折れた歯を探して牛乳などに浸漬し歯科医院を受診するのが良い』と聞いたことのある方もいらっしゃると思います。正しい方法ですが、我が子の歯が抜けた時に冷静に行動するのは難しいことです。まずは歯科医院に連絡し、指示を仰ぎましょう。

(3) なぜ早く受診する必要があるの?

外傷の治療は時間との勝負です。外傷歯は神経が死んでしまったり、歯根吸収(歯の根っこが溶ける現象)を起こすことがあります。また、乳歯の外傷の場合は、放置すると永久歯に悪影響を起こす場合もあります。

そのため、そのような症状がでない様な対策が必要です。早く処置すればする程、その後の治りが良くなります。

(4) 歯の外傷を起こした時の保護者の対応のポイント
  • 慌てない
  • 放置しない
  • すみやかに歯科医院を受診する
みやもと歯科医院 TEL:089-976-8241
診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00

【休診日】木曜、日曜、祝日
ただし木曜日は半日診療することがありますので、月間スケジュールをご確認ください。

Page Top